HOME > AVEDA BLOG >  気になるハズキルーペについて調べてみました


気になるハズキルーペについて調べてみました

ソイルでも取り扱いを始めた
ハズキルーペ👓
老眼鏡と同じなのか??違うのか??


そもそもの効果を調べてみると…

老眼鏡:眼の調節機能を助け、近くにピントを合わせるためのもの

ルーペ(拡大鏡):見たいものを拡大するもの

 

老眼鏡は近くのものにピントを合わせるものとして使われます。

その人それぞれの眼(近視・遠視・乱視)や、

見るものの距離により度数が変わります。見るものの大きさはそのままです。

 

ルーペは本来の大きさよりも大きく見えます

2倍・3倍などの倍率があり細かい作業などに向いています。

 

 

もし近くが見えにくくて困っている場合は

①まず老眼鏡でピントを合わせる

それでも細かくて見えにくい場合は

②老眼鏡を掛けた上でルーペを使用する

「メガネを掛けなくても近くは見えるけど、細かいものを見やすくしたい!」

という方は、ルーペのみを使用するでもOKということ。

手に持つルーペと違いハズキルーペは眼鏡タイプです

これは両手があくの大変便利ですね☆

細かい作業をしたり

気軽に雑誌や小説を読んだりと活躍場面は多いと思います。

ご来店時にぜひ手にとってみてください!

 

 

副店長

佐藤優希

ご予約フォーム

Facebook

Instagram